RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

四万十川と足摺岬の中間にある大岐の浜 海癒の村の基本は「素」

何が大切で何が心地いいのか、大岐の浜でシンプルに自然と向き合いながら楽しく暮らせる村創りをしています。
<< 高知へ | main | 聖くんとなおみちゃん >>
心のふれ幅
0


    岡部とは高校時代の正月も返上のほんと厳しい

    練習を共に頑張ってきた同士でした。


    僕も起用な方ではなかったのですが

    岡部はほんと身長もそんな高いほうじゃなかたし

    バスケも技術とか技とか言うより

    とにかく全力で大きな声を出して頑張る

    ムードメーカーでした。


    でも彼は高校2年からおじいちゃんの看病やら

    色々な事がかさなり、心が風邪をひいてしまいました。


    卒業してからも、まじめ一途な性格から

    大きく落ち込んでひと言も話せない時があったと思えば

    すごく元気になったり・・・・

    お母さんとも何度もあって

    岡部がもとの頑張り屋の岡部に戻ってくれる事を

    陰ながら願っていました。


    その後も大阪であったり

    かれこれ20年以上会ってなかたのですが


    先日岡部から嬉しいハガキが来てました。

    家に電話したら

    お母さんがでてくれて

    ほんと20数年ぶりにお母さんとも話したのですが

    「テレビで岡田君を見て

     すごく懐かしくて喜んでました。

     でも今も心のリハビリ中でよくなったら

     きっと海癒にいきますね!」って

    言ってくれてたのですが


    その岡部が来てくれました。

    厨房の大掃除をしていた僕をキラキラした目で見つけて

    「誰か分かる?」

     って僕の汚い手だと言うのに

     力強い握手をしてくれました。

    僕はたぶん街であっても

    岡部の事わからなかったと思うくらい変わっていました。


    お互いにおんちゃんになったのを実感したのですが


    ほんと学生の頃の事

    これからの事

    仲間の事

    1時間あまりでしたが色々な事話せました。


    たかちゃんと言う彼女も一緒に来てくれてたのですが

    これから介護の関係の仕事を頑張ってみるって

    ちから強く話してくれました。


    30年ぶりに岡部らしい

    まっすぐな目で色々な話しが聞けたのですが

    今も薬は飲まなくていけないらしいのですが


    一般的に言うとまだ結婚してないし、

    仕事も安定していないし、

    人生として楽な方ではないと思うのですが


    岡部の温かい優しい目を見ていると

    心の闇と光の深い部分を何度も経験し

    よくも悪くも僕らの何倍も深い人生を歩んできたんだと

    感じました。


    「やっとそんな自分を無理せずに語れるようになったがよ!

      今日は会えてよかった!」って

    「今度はお母さんと来るきね!」

    って笑顔で去っていきました。


    誰もがなる可能性のある心の病気

    心が風邪をひくこと

    それを前向きに考えていける力すばらしいです。



    | つれづれ | 06:17 | comments(2) | - | - | - |
    ★ミツさんへ

    友来る。最高の宝ですね。感謝合掌
    | ヒガ3 | 2009/05/20 3:01 PM |

     心優しく
     誰よりも繊細な方なのですね。
     
     海癒はそんな人達を癒していける場に
     なっているのですね。
     
     世の中に
     そんな場が増えるように
     私もお手伝いしていきたいです。
    | イルカ | 2009/05/20 9:59 PM |